2011年9月アーカイブ

上海金山に初の日本企業産業園が誕生

新華網によると、上海初の日本企業の工業団地が28日に上海近郊の金山で誕生しました。

工業団地の建設プロジェクトの第一段階の建設面積は24万平方メートルで、今年年末までに完了する予定です。

上海金山区政府筋の話によると、今日本企業が海外に移動する傾向があり、日本企業をより多く誘致できるために、この工業団地の建設を決定しました。

今のところ、金山区政府は、大阪産業振興機構、日中経済貿易センターと戦略的協力協定を締結したほか、山﨑製パンや日本TMTマシナリーなど5つの会社とも契約を結んだそうです。

中国に進出する意向がある日本企業にとって、いいニュースですね。
私達も、そのお手伝いができたらいいなぁと心から思っています。

ちなみに、上海市の金山区は、結構きれいなところで、交通も便利らしいです。

今度、上海に行くチャンスがあったら、ぜひ見に行きたいですね。

タグ

2011年9月29日

chisol (18:59) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国ビジネス情報

『入郷随俗』

『入郷随俗』というのは、中国の諺で、
意味は、日本の「郷に入れば郷に従え」と同じです。

生活するのは、当然のことですが、ビジネスにおいても同じだと思います。

今回上海に行ったとき、中国のケンタッキーでは、
朝食には豆浆·油条(豆乳と中国風揚げパン)、
昼には牛肉などの丼を売ってるのを見て、ちょっとびっくりしました。

もし日本のケンタッキーで、朝に味噌汁・おにぎり、昼に牛丼の販売を始めたら、
たぶんすごく違和感を感じるでしょう。

しかし、中国では、極普通のことのようで、しまも、みんながすごく喜んでいますよ。
なぜなら、ケンタッキーの豆浆·油条は、道端の小さい店が売っているものより
衛生面で安心できるからです。

これもケンタッキーが中国に進出する際の智恵でしょう。
これで、ハンバーグやコーヒーが嫌いな中国人でも、
気軽にケンタッキーに行けるでしょう。

固定概念に縛られず、最大限のビジネスチャンスを見出す、
いい勉強になりました。

ちなみに、ケンタッキーは中国語でなんていうのを知ってます。
肯德基(ken3 de2 ji1),中国語の「基」と「鸡(鶏)」の発音が同じなので、
こういう名前になったらしいです。

タグ

グルメ・癒しの上海

先週、上海に行ってきました。

まだちょっと早いと思ってましたが、上海はすでに上海蟹のシーズンです。

さっそく食べてきました(*^▽^*)

実は、中国では上海蟹ではなく、「大闸蟹」(da4 zha2 xie4)と呼んでます。

しかも、一番有名な産地は上海ではなく、蘇州の「陽澄湖」という湖です。

本番の「陽澄湖大闸蟹」には、ちゃんとマークが付いてて、値段も少し張ります。

中国では、「九雌十雄」っていう言い方があります、意味は、(旧暦の)9月はメスを食べる、

10月はオスを食べるそうです。

カニみそが好きな方は、ぜひメスのほうを選んでくださいね。

タグ

日本企業すべてランク外!?

海外進出といえば、いままでは、独自で現地で外資系の法人を作るか、

現地の企業と合弁会社を作るか、あるいは駐在員事務所を設立するか、

この3パターンが一般的です。


中国に進出した日本企業も同じです。


しかし、最近、中国では、新たな会社を設立する方法が密かに人気を

集めています。

これは、現地の信頼できるパートナーと組んで日本人が代表となる

内資系法人を設立する方法です。


外資系で設立するより、中国内資系のほうが資本金のハードルが低いのは

魅力のひとつだと思われます。

もうひとつ大きな理由は、中国で電子商務(ECサイトの運営等)を展開する

日本の会社や個人にとって、

中国国内の企業や個人と全く同じ土台で戦うことができることです。

なぜなら、外資系企業で独自ECサイトを運営するのは、現状では通常許可されないです。


中国国内では、電子商取引は今、もはや中国の内需市場を拡大する

新たな推進力となっています。

中国電子商取引研究センターの最新データによると、

2010年、中国のオンライン小売市場取引規模は

前年同期比97.3%増の5131億元で、通年の社会商品小売総額の約3%を占めました。


こんな巨大な中国電子商取引市場に参入しようと思う日本の中小企業や個人も増えています。

日本人が代表となる内資系法人があなたにとって、ベストの選択です。

Chisolは会社設立を完全サポートするだけではなく、

中国語ホームページ作成やSEO対策にもお手伝いします。


一緒に、中国で大きな夢を実現しましょうグッド!グッド!グッド!

タグ

2011年9月15日

chisol (22:21) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:日記

日本人なのに、中国内資系法人になる

海外進出といえば、いままでは、独自で現地で外資系の法人を作るか、

現地の企業と合弁会社を作るか、あるいは駐在員事務所を設立するか、

この3パターンが一般的です。


中国に進出した日本企業も同じです。


しかし、最近、中国では、新たな会社を設立する方法が密かに人気を

集めています。

これは、現地の信頼できるパートナーと組んで日本人が代表となる

内資系法人を設立する方法です。


外資系で設立するより、中国内資系のほうが資本金のハードルが低いのは

魅力のひとつだと思われます。

もうひとつ大きな理由は、中国で電子商務(ECサイトの運営等)を展開する

日本の会社や個人にとって、

中国国内の企業や個人と全く同じ土台で戦うことができることです。

なぜなら、外資系企業で独自ECサイトを運営するのは、現状では通常許可されないです。


中国国内では、電子商取引は今、もはや中国の内需市場を拡大する

新たな推進力となっています。

中国電子商取引研究センターの最新データによると、

2010年、中国のオンライン小売市場取引規模は

前年同期比97.3%増の5131億元で、通年の社会商品小売総額の約3%を占めました。


こんな巨大な中国電子商取引市場に参入しようと思う日本の中小企業や個人も増えています。

日本人が代表となる内資系法人があなたにとって、ベストの選択です。

Chisolは会社設立を完全サポートするだけではなく、

中国語ホームページ作成やSEO対策にもお手伝いします。


一緒に、中国で大きな夢を実現しましょうグッド!グッド!グッド!

タグ

2011年9月12日

chisol (22:20) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

微博の力

この頃、朝晩はけっこう涼しくなってきましたね~

もうすぐ食欲の秋がやってきます。


私、毎年秋になると、楽しみしている食べ物があります。

それは、上海ガニで~すチョキ

まだ食べたことない方にぜひお勧めです。

本当に、本当においしいです。


ところで、話が変わりますが、

微博(うぇいぼー)って知ってますか。


中国語では、ブログのことを「博客」って呼んでます。

「微」はミニの意味で、つまり「微博」はミニブログのことで、

中国版のTwitterともいえるWEBサービスです。


ご存知かもしれませんが、中国国内のネット規制まだまだ厳しいため、

中国国内からFacebookやTwitterなど流行ってるWEBサービスにアクセス

できないらしいです。


そこで、中国のIT企業が知恵を絞って、提供したのは「微博」っていうサービスです。


今、中国では、微博は個人のつながりの輪を広める手段だけではなく、

企業のビジネス展開にも、幅広く活用されていますよ。

倒産寸前の会社が微博を活用して、今はすごく業績を伸ばしているっていう話、

知り合いの中国人の社長さんから聞いたこともあります。


微博の力ってすごいですね、感心しました。グッド!

みなさんも中国でビジネスを展開する際、

ぜひ中国ならではの「微博」を使ってみてくださいね。


私たちも、お手伝いしま~す。


タグ

2011年9月 8日

chisol (22:19) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国ビジネス情報

はじめまして、スタッフのチャイソルです

こんにちは、chisolのチャイソルですニコニコ



最近、円高が止まらないですね。


今日、日銀まだ円高を容認するような態度を示しました。

スイス中銀と大違いですね~がっかりですって

いう声も少なくないでしょう。


輸出の大企業はもちろんのこと、

中小企業もかなり厳しい状況に立たされました。


今まで、海外進出に躊躇してきた物作りの中小企業が

思い切って工場を海外に移すケースがけっこう増えました。

このせいか、いや、このお陰か、

中国に進出したいという相談や問合せも増えています。


今日お昼のとき、よく通うラーメン屋さんの大将にも

いきなり、僕が中国に店を出したら儲かるかなぁって

聞かれて、ちょっとびっくりしました。

もし「味千」のようなチェーン店いっぱいできれば、

すごく儲かるではないですかって大将の夢は

かなり大きいみたいですよ。


私もかなり興味が涌いてきまして、できる限りのことを

手伝いしますって約束しました。

もし実現できたら、またブログで報告します~


同じ思いを抱いている方々

どんどん相談に来てくださいね。

一緒に新しいビジネスを挑戦してみましょうチョキ

タグ

2011年9月 7日

chisol (22:15) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:日記

このページの先頭へ