富士通BSCが中国事業を加速

私にもなじみの深い富士通グループの中国進出に関するお話のご紹介です。

以下、BCN Bizline
より。

ソフト開発・SI事業の富士通ビー・エス・シー(富士通BSC、室町義昭社長)は、中国市場向けビジネスを強化する。およそ20年前に中国現地法人を設立 してオフショア開発を中心に事業展開してきたが、今後はBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスなど新事業に挑戦するほか、北京・上海・ 大連に置く拠点を拡張して人員を増やし、新たな都市に拠点を設置することも検討する。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

最近、BPO関連の企業様によくお会いしますが、勢いがあります。

Chisolでは、中国のホームページ制作に関するご相談を無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月 8日

chisol (11:54) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/240

コメントする




« 台湾経由で中国へ|IT事業のサービス化が進出の決め手 | ホーム | オグルヴィが中国Nanjing Yindu社を買収 »

このページの先頭へ