中国進出の最近のブログ記事

三菱重工が中国・北京市に環境装置の営業拠点を設立

三菱重工の中国進出ニュースです。

以下、全国私塾情報センター
より。

三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社(MHIEC、社長:木村 和明、本社:横浜市西区、三菱重工業が100%出資)は、中国・北京市に環境装置の営業拠点となる現地法人「菱重環環境技術服務(北京)有限公司」を設 立、2月1日に営業を開始する。同国でごみ焼却設備や下水汚泥処理設備の需要が拡大していることに対応、市場密着で販売強化をはかるのが狙い。受注済み案 件の客先や提携先に対する支援、新規案件獲得に向けた調査・情報収集のほか、日本向けの現地調達にも活用していく。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

環境への取り組みもどんどん力を入れてほしいですね。


中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

タグ

2012年2月20日

chisol (17:40) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

高所得層狙い学習塾などのアジア進出活発化

高所得層狙い学習塾などのアジア進出活発化しているようです。

以下、全国私塾情報センター
より。

産経新聞(1月24日付)は、外食産業や小売業に加え、学習塾などのサービス業が東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国を中心とするアジアへの進出を加速していると報じている。

中国、韓国、インドも含めたアジアの中・高所得者層は2030年に現在の 約2.4倍の26億人近くに達するとの予測もあり、一大市場となることは確実。ニーズに応じたサービスの提供を得意とする日本企業の強みを生かし、各社は需要獲得を目指す構えだ。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

裕福になると教育にお金をかけるようになるので、中国でも教育事業は活発です。
私の友人も教育関係の事業を展開していますが、非常に興味深いジャンルですね。

中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

タグ

chisol (17:36) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

人海戦術でなく、今後はイノベーションで成長へ

再び、IT企業の中国での合弁事業のお話です。

以下、RESPONSE
より。

中国・瀋陽を本拠地とするIT大手の東軟集団は、2011年6月にNECと、7月には東芝ソリューションとそれぞれ合弁企業を設立した。NECとはクラウド分野を、東芝ソリューションとは個別のシステム開発からBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)まで幅広い分野のITサービスを中国で展開する。東軟集団の王勇峰総裁兼副董事長に、日系IT企業と相次いで合弁企業を立ち上げた狙いや、今後の提携戦略について聞いた。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

日中のIT企業の提携を成功させるには何が必要か?という箇所は参考になると思います。

中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

タグ

chisol (17:26) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

東洋ゴムが中国で自動車向け合弁会社を設立

こちらも自動車関連です。

以下、RESPONSE
より。

中国における線材二次加工拠点の設立について

豊田通商は、昭和メタルと中国の現地企業と合弁で、中国四川省成都市に自動車解体リサイクル会社を設立することで合意した。
中国は使用済み自動車(ELV)について手作業、人海戦術が中心で処理を行なっている。急速な経済成長と共に、2020年には4.5倍以上に拡大すると予想されるELVの効率的かつ環境を考慮した処理が求められている。
豊田通商は、中国内主要地域を調査した結果、中国国内でELV処理ニーズの高い四川省成都市にリサイクル会社を設立することにした。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

中国での自動車事業も活況ですね。

中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

タグ

chisol (13:48) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

豊田通商が中国に自動車リサイクル会社を合弁で設立

豊田通商が中国の中国四川省成都市に自動車リサイクル会社を合弁で設立しました。

以下、RESPONSE
より。

中国における線材二次加工拠点の設立について

豊田通商は、昭和メタルと中国の現地企業と合弁で、中国四川省成都市に自動車解体リサイクル会社を設立することで合意した。
中国は使用済み自動車(ELV)について手作業、人海戦術が中心で処理を行なっている。急速な経済成長と共に、2020年には4.5倍以上に拡大すると予想されるELVの効率的かつ環境を考慮した処理が求められている。
豊田通商は、中国内主要地域を調査した結果、中国国内でELV処理ニーズの高い四川省成都市にリサイクル会社を設立することにした。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

私の故郷、トヨタの中国での巻き返しに期待します。

中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

タグ

chisol (13:44) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

神戸製鋼が高級ばね用鋼線の製造販売会社を設立

神戸製鋼が、中国広東省に高級ばね用鋼線の製造販売会社を設立しました。

以下、日経プレスリリース
より。

中国における線材二次加工拠点の設立について

当社はこのほど、中国広東省佛山市において、高級ばね用鋼線の製造販売会社「神 鋼新弾簧鋼線(佛山)有限公司<Kobelco Spring Wire (Foshan) Co., Ltd.>」(以下、KSW)を設立しました。新会社は、工事期間の短縮・投資諸経費の圧縮を図るため、当社グループのCHQワイヤ・磨棒鋼の製造販売会 社「(*1)神鋼線材加工(佛山)有限公司(Kobe Wire Products (Foshan) Co., Ltd.)」の敷地内に設立し、2013年上期中の稼動開始を目指します。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

急速に拡大している中国における自動車メーカー各社の生産台数に狙いを定めた戦略に注目です。

中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

タグ

chisol (13:33) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

大連のITベンチャーが日立と組み中国でクラウド参入

続いて、IT関連のニュースのご紹介です

以下、IT Pro
より。
「政府系投資会社も出資する、珍しい日中合弁事業だ」。中国のシステム会社である大連創盛科技の謝銀茂 董事長兼総経理は強調する。日系企業からのオフショア開発受託を主な事業としてきた同社は、日立製作所グループとの合弁会社「日創信息技術(大連)」設立 を契機に、クラウドを中心とした中国市場向けITサービス事業の拡大を目論む。  特徴的なのは、合弁会社への出資元に大連市が運営する投資会社「大連双D高科産業発展」が名を連ねることだ。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

私の以前勤めていた富士通の動向は、大変興味深いです。


中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

タグ

chisol (13:26) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

NEC、東芝系と組む東軟集団の野望

脱オフショアを目指す中国企業、関係が図示されていて非常に分かりやすくて面白い記事でした。

以下、IT Pro
より。
す。システム開発の発注元と委託先という関係から、ITサービスやソリューションを共同で中国市場に売り込む「対等なパートナー」へ。日本と中国のIT企業の付き合い方が変わり始めた。

この1~2年で、日中IT企業が資本提携したり、合弁会社を立ち上げたりする動きが加速している。単なる業務提携にとどまらず、資本提携を含む本気度の高い関係の構築が本格化し始めた。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

リストラの話がでているNECですが、中国でこの事業をうまくコントロールできるかに注目します。
中国企業は、よくも悪くも手ごわいですから。


中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

タグ

chisol (13:17) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

SM、今年は中国進出の年 全世界に事業拡張

日本でも大人気の少女時代が所属するSMエンターテイメントですが、今年は中国に力を入れる模様です

以下、Cnet Japan
より。

事業領域を全世界に確張し、特に中国進出に力を入れることを計画している。SMは、2012年を中国進出元年とし、本格的な投資を通じて中国市場の売上げ比重を本格的に高めることを予定している。

SMキム・ヨンミン社長は「SMは今回の有償増資をきっかけに、グローバル事業拡大の本格化を展望しており、多様なコンテンツ制作及び確保を通じて、 2012年度からは名実共に音楽、映像コンテンツ、オンライン・ニューメディア、ライフスタイルエンターテイメントをひとまとめにしたアジア最高の複合エ ンターテイメントグループに成長するだろう」と明らかにした。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

中国では、日本の音楽が流れているのはほとんど聞きませんが、韓国の音楽はよく聞きます。SMの今後に注目!


中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

タグ

chisol (12:54) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

DeNAと中国オンラインゲーム大手ネットドラゴンが合弁会社設立に合意

DeNAも中国に力を入れています

以下、4Gamer.net
より。

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安功、以下DeNA)と中国のオンラインゲーム開発・運営企業である NetDragon WebsoftInc.(ネットドラゴン・ウェブソフト、中国語名:福建網竜計算機網絡信息技術有限公司、本社:中華人民共和国福建省福州市、代表者:劉 徳建、以下ネットドラゴン)は、このたび、中国版「Mobage」向けスマートフォンゲームの開発・運営を目的として、中国に合弁会社を設立することに合 意しました。新会社の設立は2011年度第4四半期中を目標としており、設立時に30人以上での稼働を見込んでいます。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

日本からの合弁会社のコントロールは中国進出の一つの課題となっていますが、DeNAがどのように対応してくるかに注目です。


中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

タグ

chisol (12:39) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

このページの先頭へ