外資系現地法人設立サポート

外資系現地法人とは

外資系現地法人(中国語:外资企业)とは、外国資本が中国で設立した法人、すなわち中国法人を示します。つまり、文字通り、中国国外の資本金を出資金として法人を登記する方法です。

外資系現地法人は、外資合弁法人JV(Sino-foreign joint venture)と外資独資法人WFOE(Wholly Foreign Owned Enterprise)の二種類に分かれており、2006年に施行された中国の新「法人法」および「外資法人法」に基づき、以下の特徴があります。

法人組織及び構造

法人組織及び構造.png

登記資本金及び投資総額

登記資本金及び投資総額.png

外資系現地法人を選ぶ理由

Chisolへの法人設立サポートの依頼が多い、中国進出を志す中小企業の方、中国での起業を目指す個人の方は、どうしても資本金のハードルをクリアすることが困難であること、多額の資本金を要することにより、ビジネスをスモールスタートさせることが難しくなるため、内資系企業を選ばれるケースが多くなっています。

ただし、内資系企業には、万が一、出資者の中国人とトラブルになったりした場合、、法人の設立後に経営権、株主としての権利を主張されて、会社が奪われてしまうリスクがあるため、資本金の問題がない場合は、外資系現地法人にて、正式に自社名義にてビジネス活動を行うことが得策と言えます。

  • 自社名義にてビジネス活動を行うことができる
  • 日本企業が中国に内資系法人を設立する場合、出資上は日本の法人と全く関係のない会社となりますが、日本企業が中国に資本を出資して外資企業を設立した場合は、れっきとした日本企業の関連会社となります。

  • 中国人出資者とのトラブルのリスクがない
  • 外資系現地法人では、そもそも中国人のパートナーを必要としないため、当該トラブルとは無縁です。

スムーズな手続きと安心サポート

外資系現地法人設立サポートとは、お客様が外資系現地法人を設立する手続きをサポートするサービスです。

これらの手続きは申請ルートや方法によって、要する期間が大きく変わってきてしまうので注意が必要です。また、お客様の希望する業種、具体的な業務内容をお伺いのうえ、Chisolより直接、申請先の局に問い合わせることにより、中国政府の方針を都度、確認することで解釈の相違のリスクを軽減できます。

詳しくは、お客様の希望する業務内容を記載のうえ、お問い合わせください。無料でご相談させて頂きます。

サービス内容

サービス名 費用 詳細
外資系法人設立サポート 80万円~ 外資系現地法人の設立に係る事務手続きをサポートするサービスです。
お客様は、Chisolからの必要書類、必要事項等のお問い合わせに対応頂く形でスムーズな外資系現地法人の設立を実現可能となります。

※審査により、サポートができない場合もございますので、ご了承ください。

本サポートに付随するサービス内容

本サポートには、以下のサービスが含まれており、お得なサービスとなっております。

サービス名 費用 詳細
验资帐户(資本金振込み用口座)開設サポート 10万円(上記料金に含まれる) お客様にスタッフが同行する形で中国銀行に訪問し、验资帐户(資本金振込み用口座)を開設するサービスです。
また、口座開設完了後、受領した資料等の説明をさせて頂きます。
なお、口座開設においては、銀行に約1万円の手数料を払う必要がありますが、当該費用に関しては本費用内に含まれますのでご安心ください。

外資系現地法人の設立をご検討の方は、
Chisolの無料相談窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

Chisolにお問い合わせ 中国進出のお問い合わせ

このページの先頭へ