中国は世界恐慌を乗り越える 副島隆彦著

中国は世界恐慌を乗り越える、有楽町の書店に立ち寄ると人気書籍の第1位にこの中国関連の書籍がありました。

1326790175124.jpg

副島隆彦氏は、本書の中で人民元預金を全力でアピールされています。

せっかくですから、上海行きの飛行機で読もうと購入してみました。

本ですので、目を引くためにこれからは人民元がどこどこまで必ず上がる!!と、
多少オーバー気味に書いている面もあるとは思いますが、
中国での銀行口座開設を推奨されているところは、私と同じですね。

私の以前の記事と内容が同じ部分について、一部、引用させて頂きます。

P22 中国で人民元を預金する

日本国内でも人民元預金ができるようになった。
~省略~
ただし、もらえる金利(預金利息)は安い。
私が開いた中国銀行の口座では、1年定期でたったの0.45%だ。
もし中国本土で現預金をすれば1年定期で年率3.5%の金利が付く。

(引用:中国は世界恐慌を乗り越える 副島隆彦著)

補足しますが、5年定期では年率が5.5%になります。
先日、中国銀行で口座開設されたお客様は、この5年定期に資金を預金して帰って行かれました。

日本の低すぎる銀行から考えたら非常に魅力的ですよね。

繰り返しになりますが、中国で銀行口座を開設するメリットはこちら。

・高金利
・人民元高狙い!
・日本のもしも・・に備えた、外貨への資産の分散

さらに、今はこれを円高が後押ししてくれます。


中国での銀行口座開設をご希望の方は、お問い合わせください。

otoiawase.gif


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月20日

chisol (18:46) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国日記

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/232

コメントする




« ファミマが中国「銀聯カード」の取り扱いを開始するようです | ホーム | 更新が滞っていましたが、上海に戻っています »

このページの先頭へ