韓国企業も中国進出に意気込み

先日、韓国大手SKグループの系列会社であるSKネットワークが、中国の外食産業に進出するとの報道がありました。

「ジンジー(ZINZEE)」というブランドを掲げて、来年4月、中国の瀋陽に、2000平米の韓国食専門店をオープンさせます。
計画として、店舗ごとに30億ウォン(約2.1億円)を注ぎ込み、中国全域にプレミアム韓国食専門店30店舗をオープンさせる予定です。

同社は、今年7月に、中国でレンタカー事業を本格始動したばかりでした。
これは、また大きな計画で、2015年までに車両数を2万台に増やし、今の北京・瀋陽から、上海や、内陸の成都などの都市にも進出し、中国のレンタカー業のトップブランドになることを目指すとのことです。

以前、中国に進出した知り合いの社長さんから、「われわれが中国市場で戦っている相手は、中国本土の企業だけではなく、全世界の企業だぞ」という話を聞いたことがあります。

まさしくその通りですね、まったく同感です。
中国進出というのは、色々面で、厳しい戦いになるのは紛れもない事実です。

でも、見方を変えれば、中国市場は全世界の企業が飛び込みたいほど、魅力的なマーケットとも言えるでしょう。
必ずチャンスがあると信じています。

中国進出を検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。
otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月12日

chisol (03:27) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/146

コメントする




« 一石二鳥の人民元投資 | ホーム

このページの先頭へ