中国の祝日について

中国では、10月1日が建国記念日のため、10月1日から7日まで、大型な連休に入りました。

日本と同じ、連休に入ると、みんな旅行に出かけます。
中国では、海外旅行はまだ日本ほど簡単ではないので、みんなやっぱり国内旅行で連休を楽しんでいるようです。

昨日一日、北京故宮の観光客は13万人近くいったそうです。
さすがに中国、スケールが違いますね。

ところで、中国の祝日、法律で定められて全員休みの祝日と一部の人が休みの祝日あるようです。

全員休みの祝日:
元旦:(西暦の1月1日)
春節:(旧暦の1月1日、西暦では毎年が違います。大抵1月中旬~2月中旬)
清明節:(旧暦の4月5日、中国の墓参りの日)
労働節:(西暦の5月1日)
端午節:(旧暦の5月5日、この日粽を食べる習慣があります)
中秋節:(旧暦の8月15日、中国の月見の日、月餅を食べます)
国慶節:(西暦の10月1日、中華人民共和国誕生の日)

また、一部の人が休みの祝日:
婦女節:(西暦の3月8日、女性が半日休み)
青年節:(西暦の5月4日、満14歳の青年が半日休み)
児童節:(西暦の6月1日、14歳未満の児童が1日休み)
建軍節:(西暦の8月1日、現役の軍人が半日休み)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年10月 4日

chisol (16:27) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国の生活情報

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/97

コメントする




« 上海金山に初の日本企業産業園が誕生 | ホーム | 街のケーキ屋さんが中国進出 »

このページの先頭へ