ZTEが中国と米国のスマートフォン市場に照準

最近では、日本の家電量販店でもチラホラ見られるようになったZTEに関するニュースです

以下、WirelessWireNews
より。

携帯電話端末の出荷台数で現在世界4位のZTEが、今後の事業成長の鍵となる重点分野として、中国と米国のスマートフォン市場に狙いを定めている。

ZTEの端末事業部門幹部がReutersに語ったところによると、同社では今年、品揃えの中心を低価格のフィーチャーフォンからより大きな利幅が 見込めるスマートフォンへとシフトする考えで、それにともない出荷台数ベースで世界最大のスマートフォン市場となった中国の市場に加え、第2位の米国へも 本格的な進出を図りたい考えだという。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

このニュースは、外国企業の中国進出ではなく、中国企業がアメリカに進出する内容です。
これからは、中国で力を付けた中国企業がどんどん世界に出ていくでしょう。


中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月20日

chisol (13:01) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国関連ニュース

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/263

コメントする




« リクルートがアジア進出日系企業で求められる若手営業職を特集 | ホーム | 中国が洋酒の消費大国に »

このページの先頭へ