中国業界団体がセメント電子取引サイトを開設

中国もどんどんネット化が進みます

以下、中国証券報
より。

中国セメント協会はこのほど、「中国水泥電子交易網」を開設した。セメントやその材料の電子取引の場となる。17日付で伝えた。

セメント製品の現物取引のほか、セメント事業向けの融資情報や業界リポートなどを提供し、セメント製品の低コスト型取引モデルを提案。産業構造の調整とレベルアップを促して市場リスクを分散させ、中国企業の価格決定力を増強させることを目指す。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

ネットは日本企業が進出しにくい分野ですが、中国では新たなWEBサービスがどんどん生まれています。


中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月20日

chisol (13:13) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国関連ニュース

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/266

コメントする




« 台頭目立つ中国のスマートフォンとタブレット | ホーム | NEC、東芝系と組む東軟集団の野望 »

このページの先頭へ