大連のITベンチャーが日立と組み中国でクラウド参入

続いて、IT関連のニュースのご紹介です

以下、IT Pro
より。
「政府系投資会社も出資する、珍しい日中合弁事業だ」。中国のシステム会社である大連創盛科技の謝銀茂 董事長兼総経理は強調する。日系企業からのオフショア開発受託を主な事業としてきた同社は、日立製作所グループとの合弁会社「日創信息技術(大連)」設立 を契機に、クラウドを中心とした中国市場向けITサービス事業の拡大を目論む。  特徴的なのは、合弁会社への出資元に大連市が運営する投資会社「大連双D高科産業発展」が名を連ねることだ。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

私の以前勤めていた富士通の動向は、大変興味深いです。


中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月20日

chisol (13:26) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国関連ニュース

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/268

コメントする




« NEC、東芝系と組む東軟集団の野望 | ホーム | 神戸製鋼が高級ばね用鋼線の製造販売会社を設立 »

このページの先頭へ