三菱重工が中国・北京市に環境装置の営業拠点を設立

三菱重工の中国進出ニュースです。

以下、全国私塾情報センター
より。

三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社(MHIEC、社長:木村 和明、本社:横浜市西区、三菱重工業が100%出資)は、中国・北京市に環境装置の営業拠点となる現地法人「菱重環環境技術服務(北京)有限公司」を設 立、2月1日に営業を開始する。同国でごみ焼却設備や下水汚泥処理設備の需要が拡大していることに対応、市場密着で販売強化をはかるのが狙い。受注済み案 件の客先や提携先に対する支援、新規案件獲得に向けた調査・情報収集のほか、日本向けの現地調達にも活用していく。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

環境への取り組みもどんどん力を入れてほしいですね。


中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月20日

chisol (17:40) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/275

コメントする




« 高所得層狙い学習塾などのアジア進出活発化 | ホーム

このページの先頭へ