東洋ゴムが中国で自動車向け合弁会社を設立

こちらも自動車関連です。

以下、RESPONSE
より。

中国における線材二次加工拠点の設立について

豊田通商は、昭和メタルと中国の現地企業と合弁で、中国四川省成都市に自動車解体リサイクル会社を設立することで合意した。
中国は使用済み自動車(ELV)について手作業、人海戦術が中心で処理を行なっている。急速な経済成長と共に、2020年には4.5倍以上に拡大すると予想されるELVの効率的かつ環境を考慮した処理が求められている。
豊田通商は、中国内主要地域を調査した結果、中国国内でELV処理ニーズの高い四川省成都市にリサイクル会社を設立することにした。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

中国での自動車事業も活況ですね。

中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月20日

chisol (13:48) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/271

コメントする




« 豊田通商が中国に自動車リサイクル会社を合弁で設立 | ホーム | 人海戦術でなく、今後はイノベーションで成長へ »

このページの先頭へ