神戸製鋼が高級ばね用鋼線の製造販売会社を設立

神戸製鋼が、中国広東省に高級ばね用鋼線の製造販売会社を設立しました。

以下、日経プレスリリース
より。

中国における線材二次加工拠点の設立について

当社はこのほど、中国広東省佛山市において、高級ばね用鋼線の製造販売会社「神 鋼新弾簧鋼線(佛山)有限公司<Kobelco Spring Wire (Foshan) Co., Ltd.>」(以下、KSW)を設立しました。新会社は、工事期間の短縮・投資諸経費の圧縮を図るため、当社グループのCHQワイヤ・磨棒鋼の製造販売会 社「(*1)神鋼線材加工(佛山)有限公司(Kobe Wire Products (Foshan) Co., Ltd.)」の敷地内に設立し、2013年上期中の稼動開始を目指します。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

急速に拡大している中国における自動車メーカー各社の生産台数に狙いを定めた戦略に注目です。

中国進出をご検討のお客様は、Chisolにお気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月20日

chisol (13:33) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/269

コメントする




« 大連のITベンチャーが日立と組み中国でクラウド参入 | ホーム | 豊田通商が中国に自動車リサイクル会社を合弁で設立 »

このページの先頭へ