アイシン精機が中国・華南地区に電子部品の生産会社設立

アイシン精機が、中国広東省佛山市に電子部品の生産会社を設立したと発表しました。

以下、Lnews
より。

新会社では、主にABSやサンルーフ用のECU(電子制御ユニット)や、車高を検知するハイトセンサーやABS用車輪速センサーなどの各種センサーを生産し、中国地域のアイシングループの生産拠点や自動車メーカーへ納入する。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

こういった業種は上海でないエリアへの進出が主流ですね。

Chisolでは、中国の銀行口座開設に関するご相談を無料で行っております。
ご遠慮なくお問い合わせください。

otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月 9日

chisol (00:47) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/221

コメントする




« 中国銀行神戸支店が開業 | ホーム | 海外進出する中堅企業が抱える3つの課題 »

このページの先頭へ