プラップチャイナが新浪微博(シナ・ウェイボー)で日本企業オフィシャルアカウントの運営支援サービスを開始

プラップチャイナが、ユーザー数2億人を超える中国最大級ソーシャルメディアの新浪微博(シナ・ウェイボー)で日本企業オフィシャルアカウントの運営支援サービスを開始したそうです。

以下、
CNET Japanより。

広報・PRの支援・コンサルティングを手がける総合PR会社、株式会社プラップジャパンの子会社の北京普楽普公共関係顧問有限公司(以下、プラップチャイ ナ)〔本社:中国北京市、董事長:杉田敏〕は、中国ミニブログサービスの最大手「新浪微博(シナ・ウェイボー)」で、日本企業のオフィシャルアカウントの 立ち上げから日常の情報発信まで、一括して運営支援を行うサービスを開始いたします。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

これはおもしろい発想ですね。

日本でも、facebookやツイッターをビジネスに活用する方が増えていますが、中国でも同じです。

弊社も新浪微博(シナ・ウェイボー)の使い方は慣れていますので、何かあればお気軽に聞いてください。


Chisolでは、企業様の中国進出のご相談を無料で行わせて頂いております。
ご遠慮なくお問い合わせください。

otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月 7日

chisol (17:51) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/215

コメントする




« 長安汽車と仏PSAが合弁設立 | ホーム | 日立ソリューションズが中国向けクラウド基盤を公表 »

このページの先頭へ