台湾経由で中国へ|IT事業のサービス化が進出の決め手

今、台湾にいらっしゃる流通戦略総合研究所の代表 岡積 正夫氏のお話のご紹介です。

以下、BCN Bizline
より。

先日、台湾で岡積正夫さんにお会いした。16年ぶりだった。豊富な知識と経験、幅広い人脈をもっておられるだけでなく、IT事業の活性化戦略に深く関わっ てきた岡積さんが台湾におられたということは、やはり台湾は、日本のIT産業にとって重要な意味をもつ地になっているようだ。今度はぜひ日本で、という願 いがかない、本欄でアジア、とくに日本企業の中国進出に関して提言していただいた。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

この分野の話は私が富士通に勤めていたころ、よく直面していた日本の課題です

基幹部分からレガシーが入り込んでいるので、再構築のコストは莫大なものとなり、実際、多くの企業は手が付けられない状態。

それは、多額のメンテナンス費用を継続して払い続けることを意味します。

グローバル化が進むこの時代では、さらに多くのことを考えていく必要がある必要があります。

Chisolでは、中国のホームページ制作に関するご相談を無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月 8日

chisol (11:48) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/239

コメントする




« 中国・広東省で東風日産の花都第2工場が竣工 | ホーム | 富士通BSCが中国事業を加速 »

このページの先頭へ