グローウェルHDが中国の大手小売業と合弁会社設立

コンビニのニュースの次は、ドラッグストアです。

以下、DIAMOND ONLINEより。


8月17日、東京・港区のホテルオークラ東京で、グローウェルホールディングス(以下、グローウェル。東京都千代田区、高田隆右社長)と中国の流通最大手 百聯集団グループに属する聯華超市股(にんべんに分)有限公司(聯華スーパー)および、中国国内でネット通販事業を営む上海毎日通販商業有限公司の 3社で合弁会社設立調印式が行われた。3社は今年11月にも上海市長寧区に本社を置く企業を設立し、中国国内に日本式ドラッグストア(DgS)を展開して いく予定だ。新会社の出資比率はグローウェルが39%、聯華スーパーが43%、上海毎日が18%。

まだ、中国で日本の薬はあまり見かけませんので、是非、どんどん進出して、買いやすくなってほしいです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月16日

chisol (02:13) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/150

コメントする




« ローソンが上海ローソンを子会社化し、出店加速へ | ホーム | マナー研修サービスで強力タッグ »

このページの先頭へ