クインタイルズが中国でCROのKun Tuoを設立

バイオ系は初めて見た気がします

以下、財経新聞
より。

クインタイルズが中国でCROのKun Tuoを設立

(北京)- (ビジネスワイヤ) -- 中国市場への傾注を深めるクインタイルズは本日、開発業務受託機関(CRO)のKun Tuoを設立したと発表しました。Kun Tuoの設立目的は、中国のバイオ製薬企業や、中国で事業を展開する多国籍バイオ製薬企業が持つ固有のニーズに対応することにあります。

Kun Tuoは、クインタイルズの世界レベルにおける例を見ない成功と、中国で1997年から実施している臨床試験の経験を基盤に、中国および世界のバイオ製薬 企業が、中国で成功裏に新薬を登録する上で役立つカスタマイズソリューションの開発に大きな力を入れていきます。

・・・

(全文は、参照元サイトでご覧ください)

本当にあらゆる業種が中国に力を入れていますね。

Chisolでは、中国進出に関するご相談を無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月22日

chisol (13:37) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/235

コメントする




« 三菱電機がFA機器の海外生産・販売を強化へ | ホーム | フルマネージドフューチャースピリッツが語る、専用サーバーを、中国・上海データセンターで実現するメリット »

このページの先頭へ