2011年11月アーカイブ

10/23「NHKスペシャル」はアパレル・レナウンに密着

事前にお知らせできればよかったのですが、すみません
非常に興味深い内容。

以下、naviconより。


レナウンといえば、東証一部上場の大手アパレルメーカー。1902年(明治35年)、創業者の佐々木八十八が、大阪で衣料品の販売を手掛ける 「佐々木商会」を設立し、1923年(大正12年)から、その前の年にイギリスの皇太子エドワードが来日した際の御召艦「レナウン」にあやかり、「レナウ ン」を商標に登録し用い始めた。若い女性をターゲットとしたアパレルから、ファミリー向けや、俳優アラン・ドロンをイメージキャラクターに起用した男性ブ ラン「ダーバン」を立ち上げるなど、大規模展開で誰もが知る大手企業だった。

ところが、バブルがはじけて以降、業績を大きく下げ企業として苦境に陥った。復活をかけて色々な企業努力をしたものの、結局は、2010年5月 24日、中華人民共和国山東省の繊維会社である山東如意科技集団有限公司との間で、資本業務提携契約を締結。中国主導での新たな経営再建をみることになっ た。
・・・

中国主導の中国進出。
あらゆる方法で、魅力的な市場への進出が進んでいる現状でした。

タグ

2011年11月26日

chisol (13:15) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

トヨタ自動車が中国の研究開発センターで定礎式を実施と報道

さすがトヨタです
社長も出席しているあたり、熱の入れようが伝わります。

以下、e-LogiT.comより。


トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、江蘇省常熟市東南経済開発区に昨年設立したトヨタ自動車研究開発センター(中国)有限会社(以下、TMEC)において、現地時間10 月22 日(土)10 時半(日本時間11 時半)より、定礎式を実施した。

式典には、中央政府、省政府、市政府からの来賓、合弁パートナーの中国第一汽車集団公司(以下、一汽集団)の金毅副総経理、広州汽車集団股份有限公司(以下、広汽集団)の張房有董事長らの来賓及び、トヨタからは豊田章男社長、内山田竹志副社長、新美篤志副社長らが出席した。

定礎式において、TMEC の新社長にトヨタの山科忠専務役員が内定したことが発表された。
豊田社長は「中国という広大な国土と多様なクルマの使われ方、これからの省エネ・新エネ車の技術などを理解し、TMEC で"中国のためのクルマづくり"を行っていける人材として、トヨタの技術部門のトップクラスが必要と判断した。山科が欧州で体得したクルマ文化と、
・・・

正直、中国では日本で感じるほどのトヨタへの絶大な信頼は感じません。
私の故郷でもある豊田、これから中国での飛躍に期待したいですね。

タグ

chisol (13:10) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

中国健康食品市場調査、2015年まで年平均成長率17%

中国は健康食品市場も活況です

以下、ECサポーターより。


市場調査・マーケティングを行う株式会社矢野経済研究所が「中国健康食品市場に関する調査結果 2011」を実施、2010年の市場規模は前年比111.1%と伸長、2010 ~15年までは年平均成長率17%程度の見込みと発表した。

現 在中国健康食品市場の市場規模は、前年比111.1%の1000億元に達し、世界でも有数の規模となっている。90年代後半からWTO加盟によって外資系 のブランド進出が盛んになったことや、2000年代に政府による法整備が進んだことを受け、市場の本格的発展期を迎えた。
・・・

健康食品を取り扱っている業者の方は、必見です。
これからは、日本だけでなく、世界にも目を向けはじめましょう。

タグ

2011年11月25日

chisol (16:26) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国関連ニュース

博報堂中国におけるBtoB ビジネス拡大をサポートするプログラム 「博業順利」提供開始

あの博報堂も大企業を対象に中国進出をサポート開始です。

以下、Aduser timesより。


博報堂は、中国市場で事業展開を行う日系BtoB 企業向けに、中国でのビジネス拡大をサポートするプログラム「博業順利(はくぎょうじゅんり)」の提供を開始します。

従来より中国市場には、多くの日系BtoB 企業が進出しております。しかし近年、外資はもとより中国企業も力をつけてきており、日に日に複雑かつ熾烈な競争環境となってきています。その中で「目標 とする業績を上げることが困難」や、「中国企業顧客の開拓が遅れている」といった課題を抱える日系企業が多く存在します。


こうして、日本に企業が海外で活躍するのは嬉しいことです。
家電業界も韓国のサムスンにおされていますが、これから日本企業の世界での飛躍に期待しましょう。


タグ

chisol (16:16) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

スマホ対応で海外へ。ソーシャルゲームの次の一手。

グリーの動きは凄まじいですね

以下、NIKKEY TRENDY NETより。


成長著しいソーシャルゲーム市場。9月に開催された東京ゲームショウ2011では、グリーが大きなブースを初出展したことで話題を呼んだ。大手ゲームメー カーも積極的に取り組みだしたソーシャルゲーム開発。今後ソーシャルゲーム市場はどう変化していくのか。ソーシャルゲーム各社や大手ゲームメーカーへの取 材を通して3回にわたって探る。

横浜球団でも、話題を呼んでいるグリーの今後の動きには注目です。

タグ

2011年11月19日

chisol (02:50) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

IIJグローバルソリューションズ、来年2月に中国・上海に子会社を設立

IIJグローバルソリューションズが中国に進出予定です。

以下、asahi.comより。


インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)の子会社、IIJグローバルソリューションズ(岩澤利典社長)は、2012年2月をめどに、中国・上海に子会社を設立する。アジア市場の開拓を狙った取り組みだ。

IIJグローバルソリューションズは、法人向けWANサービスの提供をビジネスとしている。中国子会社は、システムインテグレーション(SI)全般と技術コンサルティングを手がけ、中国現地の企業に向けた事業を展開する。

システムとコンサルティングの中国進出は多いですね。

タグ

chisol (02:42) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

マナー研修サービスで強力タッグ

テンプスタッフ・篠原氏/ANAラーニング・山内氏:接遇がマナー研修で協力タッグを組まれました。

以下、Serchinaより。


テンプスタッフとANAラーニングが提携し、7月より上海で接遇&マナー研修サービスの提供を開始した。主に日系企業で働く中国人社員を対象に、 講師の元ANA中国人客室乗務員が高品質の研修を提供している。テンプスタッフ代表取締役会長兼社長の篠原欣子氏と、ANAラーニング取締役会長の山内純 子氏に、サービス開始の背景や今後の計画について聞いた。

これは、非常に面白い試みですね。
上海では、こういったヒューマン系の研修はとても人気ですから、日本のマナーを中国に持ち込みたい方は是非、お問い合わせください。

タグ

2011年11月16日

chisol (02:16) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

グローウェルHDが中国の大手小売業と合弁会社設立

コンビニのニュースの次は、ドラッグストアです。

以下、DIAMOND ONLINEより。


8月17日、東京・港区のホテルオークラ東京で、グローウェルホールディングス(以下、グローウェル。東京都千代田区、高田隆右社長)と中国の流通最大手 百聯集団グループに属する聯華超市股(にんべんに分)有限公司(聯華スーパー)および、中国国内でネット通販事業を営む上海毎日通販商業有限公司の 3社で合弁会社設立調印式が行われた。3社は今年11月にも上海市長寧区に本社を置く企業を設立し、中国国内に日本式ドラッグストア(DgS)を展開して いく予定だ。新会社の出資比率はグローウェルが39%、聯華スーパーが43%、上海毎日が18%。

まだ、中国で日本の薬はあまり見かけませんので、是非、どんどん進出して、買いやすくなってほしいです。

タグ

chisol (02:13) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

ローソンが上海ローソンを子会社化し、出店加速へ

ローソンが上海ローソンを子会社化です。
もともと、子会社じゃなかったの?と思われる方も多いともいますが、これまでは出資比率の過半数を持っていなかったんです。

以下、asahi.comより。


ローソンは、中国でのコンビニエンスストア事業を手がける「上海ローソン」への出資比率を49%から85%に増やし、子会社にした。
経営権を握ることで、 上海で日本式コンビニの出店を加速させる。
上海市内には9月末時点で303店舗を構えており、2015年に1500店体制を目指す。

私も上海に住んでいるので分かりますが、ローソンはそこそこ見かけます。
一番目立つのがファミリーマート、続いて、セブンイレブン、ローソンといったところでしょうか。

タグ

2011年11月15日

chisol (01:25) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

TDCソフトウェアエンジニアリングが中国に子会社を設立へ

またまた、IT系企業ですね。

以下、asahi.comより。


TDCソフトウェアエンジニアリング(谷上俊二社長)は、10月11日開催の取締役会で、中国に子会社を設立することを決議した。

同社は、中期経営計画(10年4月~13年3月)の重点課題として「海外ビジネス展開」を挙げ、今年1月に中国天津駐在員事務所を開設。中国におけるビジネス展開を検討してきた。

天津に駐在員事務所を設立とのことですが、天津は今、盛んに中国進出企業を誘致しているので非常に面白い土地だと思います。

タグ

chisol (01:22) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

株式会社ドン・キホーテが中国幹部候補生案件の説明会を実施

中国でのキャリア目指す方、販売経験ある方必見ですね。
事後の紹介となってしまいますみません。

Dream Newsによると、あのドンキホーテが中国進出向けの社員を募集しているようです。


東証一部上場の株式会社ドン・キホーテがついに中国進出いたします!
中国進出に向けて現在、進出時の幹部候補になり得る方を募集されています。
中国への店舗展開は、日本での店舗スタイルをそのまま真似するのではなく、中国のお客さまに合わせた店づくりを実現する方針です。
十分に実力をつけた方に中国展開を全面的にお任せいたします。

これからは、中国語が話せたりすることが一つの特別なスキルになります。
販売経験があって、中国が話せる方がいたら、非常におもしろいのではないでしょうか。

タグ

2011年11月14日

chisol (12:10) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:中国進出

このページの先頭へ