【中国の銀行の金利について(続き)】中国進出・中国ビジネスを応援するメルマガ 第5号

─────────────────────────────────

■□ 中国進出・中国ビジネスを応援するChisolメルマガ 第5号 ■□

─────────────────────────――――――──

                      ■今日のコンテンツ■

            「中国の銀行の金利について(続き)」

こんにちわ。

中国進出ソリューション Chisolのメールマガジン担当です。

中国進出ソリューションChisolとは、日本人が上海の現地法人の代表を務める
上海辉剑信息技术有限公司が提供する中国進出の安心サポートサービスです。

本メルマガでは、中国進出をお考えの方に向けて、中国進出企業の最新情報、
銀行口座の解説事例、中国語の勉強法、食事、住居等の中国での生活情報等の
お役立ち情報を週刊で配信します。


■中国の銀行の金利について(続き)

今回も中国の銀行口座について、お話ししたいと思います。

前号にて、年率3.5%程度の金利とお伝えしましたが、
皆さん、興味津々なようですので具体的な金利をご紹介します。

【上海銀行の金利】
http://s-ter.net/business/c/01549.html

※ただ、前号の"普通預金"で年率3.5%程度は
 誤記でございました、大変申し訳ございません。

 普通預金の金利は、0.50%となりますが、
 1年の普通の定期預金が3.5%となります。
(上記URLを参照頂くとわかって頂けると思いますが、
 中国の定期預金にはいろいろな種類があります)

中国語は読めないと思いますので、補記しておきますと、
2年は4.40%、3年は5.00%、5年は5.50%です。

ご興味のある方はどうぞ、是非ご覧になってください。

【中国の銀行口座開設を安心サポート】
http://chisol.net/account/


■被災地企業が「広交会」に出展

10月20日に、中国第110回「中国輸出商品交易会」が
広東省広州市で開幕しました。

今回、中国側は日本震災復興に向けた支援の一環として、
被災した岩手、宮城、福島の企業22社を招き、
無料でブース(216平米)を提供してくれたそうです。

この商品交易会は、中国では「広交会」、
日本では「広州交易会」と呼ばれることが多いようです。

参加されたことのある方は、ご存知かもしれませんが、
この交易会は、中国でも最も規模の大きい展示商談会で
「中国第一展」とも言われてます。

今回の展示会は、中国国内だけではなく、
世界各地から20万人超のバイヤーの来場が見込まれます。

第1回は1957年春に開かれて以来、
毎年春(4月)と秋(10月)と2回開催されます。
どうやら、54年の歴史の中、日本ブースが設置されるのは、
今回は初めてだそうです。

中国の温かい支援、嬉しいですよね。

日本の報道では、中国に対して
多少風当たりの強いニュアンスで報道がされることが多いですが、
私自身は日々の生活の中で現地の中国の方から
反日感情を感じるようなことは皆無であり、むしろ、
中国の皆様から暖かいご支援を頂き本当に感謝しています。

オフィスのオーナーが中国での生活を気遣ってくれたり、
プーアル茶をふるまってくれたり、
デパートで布団を購入したときに、
「すぐ使えるようにカバーを付けましょうか」と言ってくれたり、
コンビニで会話をしてみるといろいろ教えてくれたり、
たばこをくれたり(これは文化です)。

ただ、中国の話し方は語気が強いので、
ちょっと驚いたりすることもありますが(笑)

何事も自身で見る、感じるということが
大切だと改めて感じる次第です。

週末は、南京に出張に行ってきます。

それでは、また次号にて!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年10月20日

chisol (18:26) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:メールマガジン

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/128

コメントする




« 【中国の銀行の金利について】中国進出・中国ビジネスを応援するメルマガ 第4号 | ホーム | 【中国に進出するビジネスについて】中国進出・中国ビジネスを応援するChisolメルマガ 第6号 »

このページの先頭へ