【中国の銀行の金利について】中国進出・中国ビジネスを応援するメルマガ 第4号

─────────────────────────────────

■□ 中国進出・中国ビジネスを応援するChisolメルマガ 第4号 ■□

─────────────────────────――――――──

                      ■今日のコンテンツ■

              「中国の銀行の金利について」

こんにちわ。

中国進出ソリューション Chisolのメールマガジン担当です。

中国進出ソリューションChisolとは、日本人が上海の現地法人の代表を務める
上海辉剑信息技术有限公司が提供する中国進出の安心サポートサービスです。

本メルマガでは、中国進出をお考えの方に向けて、中国進出企業の最新情報、
銀行口座の解説事例、中国語の勉強法、食事、住居等の中国での生活情報等の
お役立ち情報を週刊で配信します。


■中国の銀行の金利について

今回は中国の銀行口座について、少しお話ししたいと思います。

昨日は中国の中信銀行、本日は農業銀行と
2つの大手銀行のマネージャーとお話しをしてきましたが、
中国の銀行の金利はやはり魅力です。

銀行や条件によって少々差はありますが、
普通預金で年率3.5%程度の金利がつくとのこと。
(訂正)普通の定期預金で年率3.5%程度の金利

最近、日本の銀行が中国元預金の取扱開始と宣伝しているので、
人民元預金が気になっている方も多いと思います。

私も気になったのでさっそく、
銀行のサービス内容を確認してみました。

ぱっと見ると、10万中国元未満で通常金利が
4.00%もつくように見える。

おお、これはすごい!!

と思って、よくよく説明を読んでみると・・・、
4.00%の金利が適用されるのは最初の1か月のみで、
次の月からは0.15%の金利とのことでした。

やはり、直接的に人民元の口座を持つわけではないので、
いろんな仲介料、費用等が入って、
この程度の金利になってしまうということでしょう。

これでは、中国元預金の恩恵を享受できませんね。

やっぱり、人民元の金利の恩恵を最大限に受けるには、
中国現地の口座が一番だなと再認識した次第です。

【中国の銀行口座開設を安心サポート】
http://chisol.net/account/


■街のケーキ屋さんが中国進出

ニュースを見ていると、また中国進出の記事がありました。

大分市の人気ケーキ屋さん、純手作り菓子ベルクールが、
10月初めに、中国の武漢市で店を開くことになったとのこと。

中国企業と共同での出店ですが、
街のケーキ屋さんにとって、大きなチャレンジだと思います。

店の場所は、富裕層向けのショッピングモールで、
地下鉄の出入り口に近い一等地で店の面積は約50平米です。
最初はシュークリームだけの販売予定だそうです。

スモールスタート。それでいいと思います、
内資系法人の設立(詳しくはChisolサイトにて)等で、
できるだけ投資を抑えて、
手ごたえをつかんでから、広げていけばいいんです。

【参考:内資系法人設立サポート】
http://chisol.net/company/domestic.html

ベルクールの丸山社長の話によると、
最初は無理だと思ってましたが、
中国側の熱意と手厚いサポートのお陰で実現できましたとのこと。

中国進出は、大手企業だけの特権ではありません。
中小企業や個人の方もチャレンジできます。

Chisolにお問合せ頂く方々も、電子商務(ECサイト)を
中心に様々な業種の方がいます。

業種によっては、管轄の局がいろいろあったりしますが、
我々方法をChisolがいろいろお教えしたうえで、
実現可否を検討頂ければよいですので、お気軽にお問い合わせください。

ご相談は無料で対応させて頂きます。

【中国の法人設立を安心サポート】
http://chisol.net/company/

それでは、また次号にて!



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年10月12日

chisol (19:57) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:メールマガジン

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/117

コメントする




« 【上海の住居探しについて】中国進出・中国ビジネスを応援するメルマガ 第3号 | ホーム | 【中国の銀行の金利について(続き)】中国進出・中国ビジネスを応援するメルマガ 第5号 »

このページの先頭へ