【中国に進出するビジネスについて】中国進出・中国ビジネスを応援するChisolメルマガ 第6号

─────────────────────────────────

■□ 中国進出・中国ビジネスを応援するChisolメルマガ 第6号 ■□

─────────────────────────――――――──

                      ■今日のコンテンツ■

             「中国に進出するビジネスについて」

こんにちわ。

中国進出ソリューション Chisolのメールマガジン担当です。

中国進出ソリューションChisolとは、日本人が上海の現地法人の代表を務める
上海辉剑信息技术有限公司が提供する中国進出の安心サポートサービスです。

本メルマガでは、中国進出をお考えの方に向けて、中国進出企業の最新情報、
銀行口座の解説事例、中国語の勉強法、食事、住居等の中国での生活情報等の
お役立ち情報を週刊で配信します。


■中国に進出するビジネスについて

Chisolのお問い合わせ窓口では、
中国でビジネスをしてみたい方々から、
日々、様々なお問い合わせを受けています。

中国で電子商務をやってみたいIT企業、
日本で道場を開いている方が中国でも道場を開きたい方、
日本で売っている商品を中国でも売ってみたい方、
どうせ中国から仕入れているんだから・・、等々。

これらは、日本で既にビジネスをお持ちの方が、
中国で同じことをしてみたらおもしろいんじゃないか?
という発想ですね。

文化は異なれど、
日本も中国も同じ人間が同じように生活しているわけで、
販売するもの、教育するもの、生活に必要なものは大体同じですから。

コストで勝負するのか、品質で勝負するのか、独自性で勝負するのか、
コストで勝つのはなかなか難しいですが、勝負をする方法はいくらでもあります。

また、日本にしかないような伝統的なものを扱っている方は、
中国で大ヒットする可能性だってあるわけです。
もちろん、文化になじまない可能性もありますが。

後で南京出張の話を書きますが、南京では畳が流行っているそうです。
マンションを建てると一室は畳部屋であると彼らは言います。
これは意外でしたが、日本と同じですね。

コストで勝てなくても、富裕層は日本の伝統の畳を好むかもしれませんし、
絶対に中国製しか買わないというかもしれない。

でも、試してみないと分かりませんよね。

お取扱いされる商品やサービスによっては、
中国の担当局に申請が必要な場合もございますので、
ご興味のある方はどうぞ、ご遠慮なくChisolまでお問い合わせください。

【Chisolの無料お問い合わせ窓口はこちら】

 http://chisol.net/mailform.html


■南京出張

前回号でお伝えした通り、週末に南京に出張してきました。

これによって、お問い合わせ頂いたいたご質問への回答が少し遅れて、
申し訳ございませんでした。

さて、2日間の出張ではありましたが、
現地のお客様との打ち合わせ等、非常に有意義なものでした。

南京は歴史上のこともあり、反日感情があるのでは・・
という心配がゼロだったわけではありません。

しかし、結果的には私の杞憂。

南京の人々は日本人に対しても非常に友好的であり、
日本に対して、興味を持っているという印象を受けました。

街も上海とは、少し異なる雰囲気で、中国全土から人が集まってくる
上海に対して、南京はもともと住んでいる人が多数をしめるせいか
街並みもきれいで人々のマナーも非常によい印象を受けました。

今まで、上海好きを公言していた私でしたが、上海だけでなく、
改めて、中国という国が好きになりました。

南京出張の様子は、何回かに分けてブログでご紹介中ですので、
興味のある方はご覧になってください。

http://chisol.net/zongjingli/

それでは、また次号にて!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年10月28日

chisol (19:22) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:メールマガジン

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/135

コメントする




« 【中国の銀行の金利について(続き)】中国進出・中国ビジネスを応援するメルマガ 第5号 | ホーム | 【中国の銀行口座開設に関するFAQ】中国進出・中国ビジネスを応援するChisolメルマガ 第7号 »

このページの先頭へ