大連のご紹介について

 初めまして、chisolの大連会社設立と口座開設のサポートの担当でございます。これから、大連でのビジネス情報や、生活日記などを共有させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
中国でもっとも日本人にやさしい町の大連の簡単なご紹介
大連が40年間近い日本の殖民地としての歴史があります。現在でも、日本時代の建物や、インフラ関係および、桜などは、あっちこっちで見っけられています。日本の昔のものの話になりましたら、多分大連に一番日本の昔のものを残しています。
    • 地理: 中国の北地方(東北)の入り口になっており、中国の北京に
          いく
      のに、飛行機で一時間ぐらいで、上海までは、二時間
          ぐらいかかり、非常にアクセス便利の場所になって
          おります。
    • 人口:700万ぐらいです。
    • 気候:日本の仙台と同じの感じです。海に近いので、夏には
         暑くはない冬には雪があまり降らないですが、降っても
         ひらひらで
      、つもらないぐらいですが、やはり海に近いの
         で、風のほ
      うが強めな感じをします。
    • 主な産業: 製造業 石油化学
             
      ソフトウェアのオフショアとBPO
               ソフトウェアのオフショア産業が中国の中でも
               もっとも盛んでいるところです。日
      本IBMや、HP
               およびCITIバンクなどのような大手企業だけじゃなく
               日本のITの中小企業が増えてきています。
             旅行
続きは、大連における日系企業のビジネス環境に関して、投稿いたします。
     

otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月22日

Chisol大連 (17:33) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/201

コメントする




ホーム | 大連の新しいCBD中心(星海広場) »

このページの先頭へ