大連ソフトウェアパークのソフトウェア産業環境について

大連ソフトウェアパークは大連市西南端の星海海岸にある高等研究文化区と高新技術産業区に建設されています。欧米企業がインドに投資し、日本企業が大連に投資すると言われています。なぜならば、インドには豊富な英語人材ですが、大連には豊富な日本語人材がいるからです。現在、大連から日本までの9個の町まで直行便があります。
(札幌、仙台、东京、富山、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡)

大連ソフトウェアパークが1998年に開発され、「国家たいまつ計 画ソフトウェア産業基地」と中国初の「ソフトウェア産業国際化モデル都市」に認定され、中国に11か所ある「国家ソフトウェア産業基地」の1つでもあり、中国に5か所ある「国家ソフトウェア輸出基地」の1つでもあります。中国で発展スピードが1番速く、もっとも国際化されているという特徴を持つ国家級ソフト ウェアパークといわれています。大連ソフトウェアパークは 優遇政策、豊富な人材、沢山の資金チャンネル、活発な市場などの面で海外および国内のソフト ウェア企業が大発展できる場所を提供しています。

現在大連ソフトパークの発展状況は、世界一流の企業が多数大連で開発センターやサポートセンターをお持ちしています。日本企業さまが四割で、欧米企業が3割になっています。NECや富士通および日立、ソニー日本一流のIT企業をはじめ、中小企業さまも次々に入園しています。欧米企業の場合は、IBMや、Oracle,HP、CITIなどは、入っています。

中国の人件費が段々高くなり、大連で行っている日本にむけなオフショア開発の単価は、上海や北京よりは、まだ安いメリットがあり、仕様書通りに開発できるため、ある程度で
日本の文化や、日本語能力に依存する部分がありますから、安全、安心な面で、
大連のオフショアの開発は、中国で一番とは言われています。


otoiawase.gif

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月25日

Chisol大連 (11:13) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chisol.net/mt-tb.cgi/208

コメントする




« 中国の最大開発者コミュニティの情報漏れ | ホーム | 大連に生活するための便利の電話帳 »

このページの先頭へ