駐在員事務所設立サポート

駐在員事務所とは

駐在員事務所(中国語:外国企业代表处、外国企业在华常驻代表处)は、外国企業が中国に設立した常駐事務所を指します。

駐在員事務所の経営範囲は、登記当初登記機関に提出した書類に明記され、工商行政管理機関に確認された後、登記証書に規定されます。

一般的に、駐在員事務所は中国国内では直接に経営活動を行うことができず、外国企業の代表として、業務範囲内の事務連絡、商品紹介、市場調査、技術交流などの活動のみが可能となります。

重要な補足として、駐在員事務所は経営活動を行えませんが、経済活動が例外として認められます。つまり、駐在員事務所は運営を維持するための経済活動を行ってもよく、また、運営に必要となる契約書を交わることも可能とされています。

スムーズな手続きと安心サポート

駐在員事務所設立サポートは、中国に進出したい企業が現地に駐在員事務所を設立する手続きをサポートするサービスです。

これらの手続きは申請ルートや方法によって、要する期間が大きく変わってきてしまうので注意が必要です。また、上記の通り、解釈が非常に難しく、お客様の実現したい業務内容に応じて、中国政府の方針を都度、確認することで解釈の相違のリスクを軽減できます。

Chisol駐在員事務所設立サポートでは、上海の申請先との円滑な連携により、スムーズに手続きを行うことが可能です。

上記の駐在員事務所の説明の通り、実際に中国で行える活動、行えない活動の定義が非常に複雑となっています。詳しくは、お客様の希望する業務内容を記載のうえ、お問い合わせください。無料でご相談させて頂きます。

サービス内容

サービス名 費用 詳細
駐在員事務所設立サポート 50万円~ 駐在員事務所の設立に係る事務手続きをサポートするサービスです。
お客様は、Chisolからの必要書類、必要事項等のお問い合わせに対応頂く形でスムーズな駐在員事務所の設立を実現可能となります。

※審査により、サポートができない場合もございますので、ご了承ください。

本サポートに付随するサービス内容

本サポートには、以下のサービスが含まれており、お得なサービスとなっております。

サービス名 費用 詳細
验资帐户(資本金振込み用口座)開設サポート 2万5千円(上記料金に含まれる) お客様にスタッフが同行する形で中国工商銀行に訪問し、验资帐户(資本金振込み用口座)を開設するサービスです。
また、口座開設完了後、受領した資料等の説明をさせて頂きます。
なお、口座開設においては、銀行に約1万円の手数料を払う必要がありますが、当該費用に関しては本費用内に含まれますのでご安心ください。

駐在員事務所の設立をご検討の方は、
Chisolの無料相談窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

Chisolにお問い合わせ 中国進出のお問い合わせ

このページの先頭へ