中国農業銀行の口座開設

中国農業銀行.JPG

銀行の概要

以下に銀行の概要をご紹介します。

  • 中国農業銀行は中華人民共和国の四大商業銀行の1つです。
  • 農業銀行の前身である農業共同銀行は1951年に、中国農民銀行及び共同銀行の合併により誕生しました。
  • 北京に総行(本店)を置き、全国31の省、自治区、直轄市と新疆生産建設兵団に一級分行(支店)を置いている他、大連、深圳、青島、寧波、アモイに直属分行を置き、下級支店網は全国の農村をカバーしています。
  • また、香港、シンガポールにも分行を設置し、ロンドン、東京、ニューヨークに代表処を置く。また長春、天津、武漢に養成学校を開設しています。
  • 2010年時点で、農業銀の顧客数は3億2000万人、国内に2万3624店舗を展開しています。
  • 2010年7月15日に上海株式市場(A株)、同16日に香港株式市場(H株)に上場し、両市場で193億米ドル(約1兆7000億円)、オーバーアロットメント(追加募集)が行われた場合は220億米ドルを超える資金調達、世界最大規模のIPOとなるほどの大手の銀行です。

参考リンク

口座開設に関して

項目 内容
代行可否 代行不可(本人が中国の銀行を訪問する必要あり)
必要書類 パスポート原本、運転免許証
住所
電話番号
クレジットカード、キャッシング 不可
口座管理費
その他

サービス内容

サービス名 費用 詳細
銀行口座開設同行プラン 2万円 お客様が口座を開設するために中国農業銀行に行く際にスタッフが同行し、銀行員とお客様のやり取りを通訳しながら口座開設をサポートします。
また、必要書類等の事前確認も行わせて頂きます。

※審査により、サポートができない場合もございますので、ご了承ください。

中国農業銀行の口座開設をご検討の方は、
Chisolの無料相談窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

Chisolにお問い合わせ 中国進出のお問い合わせ

このページの先頭へ